防水加工で屋上からの雨漏りを防ごう【定期的に行う必要がある】

雨水を侵入させないように

つみき

定期的に行うことが重要

屋上は建物の上部を有効に活用するのに向いています。鉄筋コンクリートなどの建物では屋根を設けずに屋上とするのがほとんどですし、また一般住宅でも屋根ではなく屋上とするケースもあります。しかし屋上を維持するには相応の管理を行わなければなりません。屋根は建物の外側を成す部分としては重要で、雨水が建物に侵入しないようにする役割を持っています。通常の屋根の場合には傾斜を付けることによってその雨水を流していますが、屋上や水平な陸屋根といった場合には、雨水が流れにくく滞留することもあります。このためより厳密な防水が求められます。完成した時点においてはしっかりとした防水がされていますが、経年劣化によってその防水性も落ちていきます。このため定期的な修繕が必要になります。もし防水の修繕を行わなければ建物内に雨水が侵入して水浸しになるだけでなく水分の侵入が建物の外壁にも悪影響を与えヒビ割れの原因になります。また木造であれば腐る原因になりますし湿気を帯びることでシロアリの被害を受けやすくなります。鉄骨でも錆の原因になりますし鉄筋コンクリートでも悪影響があります。これらを防ぐためにも防水性が落ちる前に防水加工を行って性能を高める必要があります。防水の方法としては塗料などを塗布して施工するほか防水性のあるシートを敷く方法などがあります。またFRPは下地材を敷き詰めて固形化する塗料を塗布して強固な膜を作ることで厳密な防水性を得ることができます。

Copyright© 2018 防水加工で屋上からの雨漏りを防ごう【定期的に行う必要がある】 All Rights Reserved.