防水加工で屋上からの雨漏りを防ごう【定期的に行う必要がある】

定期的に対策をする

雨

複数の工法がある

屋上は雨風や直射日光の影響を強く受ける場所です。そのため、建築時に防水加工を行っていても、毎日の度重なる刺激により機能が劣化してしまうのです。屋上の防水加工が損なわれると、雨漏りが起こりやすくなります。雨漏りは家の構造内部にまで浸透し、大切な柱や梁を腐らせてしまう原因となります。柱や梁が傷むと、大規模な改修が必要となってしまいます。家をいつまでも状態良く保つためには、定期的に防水加工を行う必要があるのです。屋上の防水加工には様々な方法があります。屋上の防水加工として一番多く取り入れられているのが、ウレタン防水です。ウレタン防水は、液体の樹脂を重ねて塗り最後にトップコートを塗る方法です。素材が液体であるため、複雑な形にも対応して塗装ができるというメリットがあります。塗装にかかる費用を比較的安価に抑えることができる点も人気の要因となっています。ウレタンと同じく塗膜防水として近年注目されているのが、FPR法です。FPR法の素材には、ガラス繊維プラスチックが含まれています。耐水性に優れている点がメリットとなっています。塗膜防水法の他にも、防水シートを利用する方法もあります。使用されるシートにはいくつかの種類があります。コストの低いゴム製や対応年数の長い塩化ビニール製など、予算や目的に合わせて素材を選ぶことができます。様々な方法の中から自分に合う物を選び定期的に屋上のメンテナンスを行えば、いつまでも大切な自宅で安心して生活をすることができるのです。

Copyright© 2018 防水加工で屋上からの雨漏りを防ごう【定期的に行う必要がある】 All Rights Reserved.