防水加工で屋上からの雨漏りを防ごう【定期的に行う必要がある】

業者に依頼する

男性と女性

屋上を防水するのであれば、まずはアフターサービスがしっかりしているのかを確認しましょう。保証があればなお良いですし、こまめに点検してくれるところを選びたいです。それから経験豊富なところが無難で、腕の良い職人や親切な担当者がいる業者に依頼したいです。

詳しく見る

定期的なメンテナンス

工具

屋上から雨漏りがあると建物の劣化を進めてしまうことにつながります。雨漏りに気が付いたら早めに対策を行うことが大事です。防水工事もウレタンやゴムシートなど様々な方法が用意されています。業者選びも大事ですので評判も良く調べ慎重に選んでいきましょう。

詳しく見る

雨水を侵入させないように

つみき

屋上は防水性がなければ雨水が侵入する原因になります。新築の時点では十分な屋上の防水があっても時間が経過することでその性能が低下していきます。このため防水性が失われる前に屋上は定期的な修繕を行う必要があります。

詳しく見る

定期的に対策をする

雨

屋上は直射日光や風雨などの影響を強く受けるため、定期的に防水加工を行う必要があります。防水加工には様々な工法があります。ウレタン法やFPR法などの塗膜防水や、ゴム製や塩化ビニール製のシートを使う方法が主な工法となります。予算や目的に合わせた工法で定期的に対策をすれば、雨漏りを防ぐことができます。

詳しく見る

インターネットで検索を

メンズ

屋上の防水工事はしっかりしておかないと、雨漏れなどがしてしまい他の箇所が傷んでしまいます。普段からすぐに対応してくれるような業者さんをしっかりと決めておくと安心です。インターネットで検索して口コミをチェックするのもおすすめです。

詳しく見る

日常の維持管理

家

耐用年数の向上

高温多湿という風土が特徴の日本ですが、最近は地球温暖化の影響が顕著となっており、激しく雨の降るケースが増加しています。住宅の漏水は屋根や壁からが多くなっていますので、日常の管理が重要になっています。屋上や外壁の防水は定期的に行う必要があります。日常の手入れで耐用年数を延長することは可能ですが、日光の直射を受けるため、屋上や外壁の防水シートが劣化することが要因です。屋上の防水については一般的にアスファルト防水が使用されておりましたが、アスファルトは作業中に高い熱をかけなければなりませんので、最近は住宅で使用されることが少なくなっています。ウレタンやシート防水を使用することが一般的になっています。防水工事を行うためには事前に屋上や外壁を洗浄して汚れを落とし、防水シートに亀裂が発生していないかどうかを確認してから本格的な作業を行います。亀裂部分が確認された場合にはその部分の処置を優先的に行います。防水工事は材料にもよりますが塗装を複数回行うことが一般的になっています。最近は作業員の技術の低下を材質の向上が補っており、上塗りをする回数は従来と変わらないで済んでいます。いずれにしても防水工事は足場をかけて行うことになりますので、作業中は安全帯を使用して墜落事故が発生しないように十分注意して作業をすることになります。最終的な確認は足場をばらさなければできませんので、足場を撤去した後で塗り斑を調整する必要がある場合には移動式の昇降機を使用します。

Copyright© 2018 防水加工で屋上からの雨漏りを防ごう【定期的に行う必要がある】 All Rights Reserved.